当院の新型コロナウイルス対策及びお願いについて

【2020年5月20日更新】

安心安全への取り組み

新型コロナウイルス(COVID-19)感染患者の増加に際して、治療にかかわる当院の医療スタッフ及び患者様の院内感染予防と当院がクラスターの発生源となることを防ぐため、当面の対応として以下の注意喚起をしております。
加えて当院スタッフにも以下に該当する場合は、欠勤するよう勧告しております。

また急な休診になった場合、患者様に休診のお知らせをメール案内し、ホームページで内容をご確認して頂くようになります。
よろしくお願いいたします。

院内感染対策につきましては、院内環境の整備と消毒、充分な換気、患者様同士の密な接触の機会を減らす、標準予防策(スタンダードプリコーション)の遵守と接触飛沫感染への可能な限りの配慮をしております。治療の継続に関してご不安のある方はご相談ください。お電話でのご相談もお受け致します。

■ご来院時に検温とアルコール消毒とマスク着用をお願いしています。

■お口に入る機器に関しては、ディスポーザブル(使い捨て)か患者様ごとに滅菌消毒済みのものを利用しています。

■診療中は、口腔外バキューム吸引にて飛沫対策を実施しています。

受診患者様で次の事項に該当する場合には、ご相談をお願いいたします。

  1. 37.5℃以上の発熱や咳症状のある場合
  2. 現在、同居する人に発熱・咳などの症状がある場合
  3. 現在、同居する人が自宅隔離を要請されている場合
  4. 過去14日以内に、海外渡航の履歴がある場合
  5. 過去14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触がある場合
  6. 過去14日以内に、感染者数が急増している都道府県に出かけたことがある場合
  7. 過去14日以内に、屋内で50人以上が集まる集会・イベントに参加したことがある場合等
  8. 味覚・嗅覚の異常がある場合(新型コロナウイルス感染の初期症状が考えられます)

※新型コロナウイルスへの口腔外科の対応に関する注意喚起(日本口腔外科学会)より一部改変