小児歯科

当院ではマイナス1歳からの虫歯予防

当院ではマイナス1歳からの虫歯予防が大切と考えマタニティー検診を積極的に行っています。
乳歯が生える0歳から永久歯に生え変わる12歳~13歳の学童期、そして生活環境の変化からリスクが高まる15歳までが対象です。

発育の経過を観察しながら、虫歯の治療や予防、歯並びや噛み合わせが正しくなるように指導や治療をいたします。
ママとキッズのためのとりくみはこちらです。

子供たちの歯を守るための予防クラブ”げんキッズクラブ”
これまでもお子様の定期検診をおすすめして、まず3歳までにムシバゼロ。
そしてすべてが永久歯に生え変わる時期の12歳で永久歯ムシバゼロをめざして、さまざまな取り組みをしてきました。
10年以上定期検診に来院し続けて、乳歯の時にはムシバが多くても永久歯ムシバゼロ(8020予備軍と当院では呼んでいます)を達成したお子様もいらっしゃいます。診療を通して、予防の大切さを私達も子供たちから教えてもらいました。そして何より、根気よく、気長に、治療や検診に連れて来られた保護者の方の努力の賜物と思われます。

やはり、続けることが一番大切ですが、なんでも楽しくないと続かないですよね?!
そこで、げんキッズクラブを立ち上げました。院長副院長そしてスタッフも子育て真っ最中であり、親の立場こどもの目線でどうしたら、楽しくムシバ予防できるのか考えながらクラブの充実を図っていきます。
0歳から12歳までのお子様を対象に健全な歯並びと永久歯ムシバゼロを目指していきます。


クリックするとパンフがご覧いただけます。(PDF形式)

かわたに歯科医院では、むし歯予防のみを目的とした定期健診ではなく、大切なお子様の歯を守るお手伝いをしたいと考えています。保護者の方からお子様への最高のプレゼントは「健康な歯」です!
楽しい健診を続けていただいて、お子様が歯で苦労することのないよう、スタッフ一同お手伝いします。

子供の歯並び(小児矯正)

3歳からの受け口治療(ムーシールド)
乳歯が全て生える3歳ごろからお子様のかみ合わせが受け口になっていることがあります。
これは反対咬合と言って、永久歯が生えるときに、自然に治ること場合もあります。ただし、かなり少数例です。
反対になっている下の前歯が5〜6本。逆に咬み合わせが深い。近親に反対咬合がいる。
これらの場合、自然に治る可能性は低いと考えられます。
噛み合せは逆のままにしておくと、下顎骨が過成長しやすい状態が続きます。
下顎骨が大きくなってしまう前に、逆の噛み合せは治しておくべきです。
早ければ、早いほど、ご本人の負担は軽くて済むでしょう。年齢が高くなると治療法の選択肢が狭くなります。

なぜ反対咬合になるのでしょうか?

口には、多くの筋肉が整然と並び、機能しています。
舌は、代表的な筋肉の固まりです。 きれいな歯並びの人の舌は、嚥下(のみこむ)するときに上顎を押さえつけるようにぴったりと収まります。
しかし、反対咬合の人は、上顎にはつきません。嚥下の都度、舌は下顎を前方におします。
従って、上顎は小さく下顎は大きくなってしまうと考えられます。
すなわち、口腔周囲の筋肉が正しく機能しないと不正咬合になるということです。
筋機能のアンバランスが不正咬合を作ります。バランスを整え、調和を取り戻せば、不正咬合は回復します。反対咬合の原因の一つは、舌が低い位置で機能していることです。
ですから、まず舌を挙上してあげることです。そのようにバランスを取り戻す器具が、機能的顎矯正装置『ムーシールド』です。
就寝中使用します。取り外しできる器具ですから、上手く使えなかったり、諸条件によっては、期待する効果が得られないこともありますが、当院でも半数近くはムーシールドのみで反対咬合が改善しています。
成長し矯正装置が必要な場合もありますが、舌癖を改善させるためには有効です。


術前4歳

装置装着6ヶ月

ムーシールド装置